2020年教育改革の基礎

Posted
2018年3月の高校入試、大学入試がほぼ終わる時期です。
中学を卒業し、この4月から高校に入学する学生のみなさんこそ、2020年教育改革の第一期生です。
2020年度大学入試を受験するからです。
ですが、実はこの改革はすでに始まっています。
学校や教室による差はありますが、いまの中学生はすでにテーマをもとにした、フィールドワーク、取材、データ分析、プレゼンテーションは普通に行っています。
小学生でもやっている人はやっています。
そして、このスキルは、仕事、生活など、社会のどんなシーンでも必要なものです。
逆に、これまで行ってこなかったのが不思議なくらいです。
なぜ、このような方針になったのか。
さまざまな受験、教育産業からの情報がありますが、その方針を決めた文部科学省の会議をぜひご覧になるといいでしょう。
何が社会で求められていて、なぜ教育改革が行われているかよくわります。
中央教育審議会の座長:安西祐一郎氏は、前・日本認知科学会の会長です。
脳教育の大切さをわかっていらっしゃる方です。
この点を踏まえて読むといいかもしれません。
ラボでは、この視点がとても大事だと考えています。