人工知能ビジョン研究所

人工知能ビジョン研究所

HEARTSHEART AI Vision Labo

講演・セミナー

AIチーム育成

講師

ラボについて

2012年、深層学習(ディープラーニング)が使える、という状況になってから7年。

AIという名の「専門特化された‟脳”」が導入されはじめ、国内外の産業、経済、そして私たちの社会は大きく変わりはじめようとしています。

深層学習は、機械が眼を持ったようなものです。
これはこれまでの機械学習とは大きく違います。
そしていま、カンブリア爆発で多様な生物が誕生したように、多様なしくみ・ビジネスが誕生しはじめようとしています。

人工知能ビジョン研究所では、いま大切なことは、それぞれの組織が事業のDNAを確認し、AIを導入するか否かを含めて進化するための方向性を考えることだと考えます。そのために、組織内にAIとは何か、人の可能性とは何かを考える、AIチームを育成すること、そして組織のビジョンをデザインすることだと考えます。

ラボが考える脳・自分・AI・学問・社会の5つの関係のうち、HEARTSHEART® Laboは、人(脳)を軸に「人の可能性」を重視し、人工知能ビジョン研究所(AI VISION Labo)では、人の脳と対比的に「AIの進化」を考えるというアプローチをとっています。

AIは、ビジネス・社会インフラのあるべき方向(=ビジョン)を描くこと、つまり人の創造性に合わせて進化するでしょう。AIとビジョンは、表裏一体であり、AI時代にリベラルアーツ・創造性が求められるのは必然です。

当研究所(AI VISION Labo)では、上の5つの視点にたって、AI化を想定した組織のビジョンをデザインするための研究を行っております。そして、組織がAIに向き合うための講演・セミナーのほか、AIチーム育成を行うためのプログラム作成、コンサルティング等を提供しております。

HEARTSHEART Labo 人工知能ビジョン研究所 所長 村田正望 工学博士

※HEARTSHEART®Laboの、HEARTSHEART は、HE ART, SHE ART、つまり「人のイメージ力」、そして、HEART とHEART、つまり2つの心(脳)がつながること、合わせて、「人の創造力」を意味する造語です。